梅毒、半年で3200人
blogfea1

性行為などで感染する梅毒の6月までの患者数が3236人に上り、昨年同期の2613人を大きく上回ったことが国立感染症研究所の集計で分かった。日本医師会は5日、「近年の患者の急増は驚異的だ」と注意を呼び掛けています。

今年4~6月は1735人で、1~3月の1501人から増加。このままいくと今年1年間の患者数は6000人を超え、現行の集計方式となった平成11年以降最多だった昨年の5820人を上回るのは確実とみられます。今年4~6月の都道府県別の患者数は、東京の445人が最多。2番目に多い大阪は302人で昨年同期192人から大幅に増えた。さらに愛知、神奈川、兵庫、福岡の大都市圏が続いた。

女性は20代前半の若い世代に極端に患者が多い。男性は20~40代を中心に幅広い年代で報告があります。

Related Posts