岐阜の養豚場で豚コレラ
blogfea1

岐阜県は9日、岐阜市の養豚場で死んだ豚を検査し、豚コレラのウイルスが検出されたと発表しました。
豚コレラはアジアを中心に発生しているが、国内では熊本県で1992年に5頭への感染が確認されて以来、26年ぶり。
豚やイノシシ特有の病気で人には感染せず、感染した豚の肉を食べても影響はない。
農林水産省は豚肉の輸出を停止。斎藤健農相は「まん延防止には初動対応が大事だ」と、封じ込めに取り組む考えを示した。

岐阜県によると、養豚場で3日に1頭が急死。県の簡易検査では確認できなかったが、国の精密検査で9日早朝、感染が判明したという。既に養豚場内では4~8日に約80頭が相次いで死んでしまったそうです。

今年5月千葉県内の養豚場で豚が死んだり下痢をしたりしているのが見つかり、千葉県の検査で家畜伝染病の「豚コレラ」の疑いがあるとされたが、農林水産省は精密検査の結果、豚コレラは「陰性」だったと発表しています。

Related Posts