ビタミンKが高齢者の寿命を延ばす?
blogfea1

ビタミンKレベルが低い高齢者は十分な高齢者に比べて、13年以内に死亡するリスクがより高まるようだ、という多民族を対象とした米国タフツ大学からのメタ分析の結果報告。
研究チームは、54-76歳の約4,000人の米国人を含み、その3分の1が非白人である3つの進行中の研究から集めたデータをメタ解析した。すべての参加者のビタミンKはひとつの検査施設で測定され、検査間誤差を最小限に抑えた。

ビタミンKの血中濃度によって参加者をカテゴリ分けし、その後約13年間追跡調査して、心臓病の発症リスクと死亡リスクを比較した。

その結果、ビタミンKレベルと心臓病には有意な関連がないことが示されたという。けれどもビタミンKレベルが最も低かった人々は、ビタミンKが十分だった人々と比較して、死亡リスクが19%高かった。

「ビタミンKが心臓病や死亡に関連しているのは、その機能を必要とする血管のたんぱく質のためと考えられている。このたんぱく質はカルシウムが血管壁に蓄積するのを防ぐ。充分なKがないと、その機能が十分に発揮されないのだ」と筆頭研究者のカイラ・シーア研究員はコメントしている。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。

Related Posts