脂肪が増え過ぎるとどうなるの?
blogfea1

過剰な中性脂肪の増加は動脈硬化を引き起こす要因の1つで、それにはコレステロールも深く関係しています。

肝臓で合成される中性脂肪やコレステロールは脂質なので、血液(水)に溶けません。そのため、リポタンパクというタンパク質に包まれ血液中に送り出されます。リポタンパクには主に次のようなものがあります。

●カイロミクロン……小腸で生成される。食事で摂った脂肪を体の必要な場所に運ぶ。余りは肝臓へ。

●VLDL……肝臓で合成され全身へ送り出される。中性脂肪やコレステロールを含む。

●LDL……体の必要な場所にコレステロールを運ぶ。

●HDL……消費されずに余ったコレステロールを回収し、肝臓に戻す。

通常、血液中のLDLコレステロールとHDLコレステロールの量は一定に保たれています。ところが中性脂肪が大量に合成されると、血液中のVLDLが増加し、HDLコレステロールとLDLコレステロールのバランスが崩れます。やがて血管壁の内膜にLDLコレステロールが入り込み、動脈硬化を進めるのです。動脈硬化予防には、中性脂肪のコントロールが必要です。

Related Posts