夏バテを予防する食事法
blogfea1

夏バテを予防し、元気に過ごすために、次のような食事を心がけましょう。

●偏食を避け、できるだけ栄養バランスよく食事を摂る。

●1日3食、なるべく決まった時間に食事をする。

●消化がよくなるよう、よくかんで食べ、食後30分は休憩するようにする。

●良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルを積極的に摂る。

●冷たい物を摂り過ぎない。

夏場はどうしても冷たい物が食べたくなりますが、摂り過ぎると胃腸の活動を弱めて、消化不良や食欲不振の原因になります。そのほか、ビールや清涼飲料水の飲み過ぎは、胃の中の消化酵素を薄めて消化・吸収機能を弱めますから控えましょう。

胃がもたれて食欲不振が続くときは、市販の胃腸薬を上手に使うことも有効です。

Related Posts