メタバコとは?
blogfea1

「メタバコ」という言葉を初めて聞いた人がいるかもしれません。メタボリックシンドロームは「メタボ」と略されますが、「メタバコ」はメタボとタバコを組み合わせた造語です。

メタバコ=メタボ+タバコ

実は、メタボとタバコには深い関係があります。
タバコを吸う人はメタボになりやすいことが知られており、副腎皮質ステロイドや性ホルモンに影響を与えて皮下脂肪よりも内臓脂肪が増えやすいことがわかっています。さらに、タバコを吸うことで、中性脂肪高値やHDL-コレステロール低値など脂質代謝異常や高血圧を引き起こしやすいこと、タバコを吸うとインスリン抵抗性が助長され、糖尿病にもなりやすいと言われています。

タバコとメタボが重なる「メタバコ」の状態になると、心筋梗塞や脳梗塞といった動脈硬化性疾患のリスクがさらに上昇してしまいます。非喫煙者でメタボリックシンドロームでない場合を1とした場合、メタボだと心筋梗塞は1.9倍、脳梗塞に1.4倍なりやすいのですが、喫煙者でメタボの場合、心筋梗塞に3.0倍、脳梗塞に2.5倍なりやすいと報告されています。
それは、タバコがメタボを促進するだけでなく、血管を傷つけたり、血液をどろどろにさせたりするからです。
このように、「メタバコ」の状態が最も危険なわけですね。

ちなみに「タバコから加熱式タバコに変えたら、動脈硬化になりにくくなるのでは?」と勘違いされている人がいますが、身体の中に入るニコチンの量はほぼ同じで、ニコチン自体が血管に悪さをします。
タバコを吸う方は、普段からメタボ対策と同時にタバコ対策をしておくことが大切ですね。

Related Posts